campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > キャンプグッズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    モンベルは登山やカヌー、サイクリングなど幅広いアクティビティを支える総合アウトドアブランドで、近年はキャンプ用のギア開発も盛ん。中でも2019年ヒット作といえば、こちら!

    マルチ フォーディンテーブルシリーズです。初期ロットは早々に完売、秋になるまで幻と呼ばれたテーブルです。

    モデル2012年アストロドームと同時に登場しているので、7年ぶりのモデルチェンジハイスタンドのような脚に天板を広げて載せるというスタンダードシステムテーブルでした。

    軽くて組み立て簡単、天板もメンテナンスがしやすかったのですが、ちょうど前モデルが発売された頃にキャンプシーンをガラリと変えたヘリノックスが登場したわけですから、時代は一気にロースタイル化が進んでおり、高さを変えられないのが少々残念でした。

    新作のマルチ フォーディンテーブル シリーズは、スタンダード(幅約70cm)とワイド(幅約113cm)、天板の素材2種類(スチール天板/PVCターポリン、スチール天板/メラミン樹脂・グラスファイバー・ポリプロピレン)の4タイプラインナップ。

    いずれも、ありそうでなかった構造で高さを変える「ハイローシステム」を搭載しており、モンベルの開発力を実感するテーブルに仕上がっています。

    今回は「L.W.マルチ フォーディンテーブル ワイド」(1万7000円/税別)で、そのシステムについて検証してみました。

    画期的システムでバカ売れのモンベル「マルチ フォールディング テーブル」【アウトドア銘品図鑑】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    画期的な高さ調節3段階できるコンパクト テーブル ワイド
    何しろコンパクトに収納できるのが最高ですね!
    さすがモンベル!!
    皆さんも一度ご覧あれ!!

    <このニュースへのネットの反応>

    【【キャンプ 道具】画期的システムでバカ売れのモンベル「マルチ フォールディング テーブル」【アウトドア銘品図鑑】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【キャンプ 道具】この発想はなかった『お家でキャンプ気分を味わえるアイテム』6選


    自宅でキャンプ気分も最高ですね!やってみよかな笑みなさんもやってる人いてますか?

    【【キャンプ 道具】この発想はなかった『お家でキャンプ気分を味わえるアイテム』6選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    身の回りの生活用品から食品まで、何から何まで取り揃えている100円ショップ。しかし商品が豊富にありすぎるあまり、見落としているモノも多いかも。本稿では、値段以上の働きをしてくれる便利なグッズレビューして大紹介していきます!

     

    【関連記事】
    ごちゃごちゃしたケーブル隠します! ダイソーの「ケーブルボックス」で簡単収納

     

    ●「2WAYハンドライト」(セリア)

    台風や地震など、いつくるかわからない災害。そんな非常時に備えて、様々な防災グッズが売られていますよね。いざという時のために対策しておきたい人も多いのではないでしょうか? そこで今回紹介するのは、セリアで販売している「2WAYハンドライト」。単3乾電池2本で使える懐中電灯です。ランタンとしても使用できる同商品。どのような使い心地かレビューしていきましょう。

     

    本体は、懐中電灯の先端がランタンになっていてちょっと変わった見た目。大きさは205(縦)×39mmφ(直径)ほどで、細身のボディです。重さも軽くて非常用の持ち出しバッグに入れても荷物になりません。先端のランタンは引っかけられる作りになっており、壁フックにかければ設置型ライトにできます。またランタン部分を取り外すと、普通の懐中電灯として使えますよ。

     

     

    それではさっそく電池を入れて、ハンドライトスイッチオン。ボタンをワンプッシュするだけで、手軽にオンオフを切り替えられます。電池2本でもLEDの明かりは強力。パッと室内が明るくなりました。連続点灯時間は約5時間とたっぷりあるため、非常時の明かりとして十分活躍してくれそう。いざという時のために用意しておけば心強いですね。

     

     

     

    続いてランタン部分を取り外し。少し力を入れるだけですぽっと外れるので、手軽に懐中電灯に変えることができました。細いボディは持ちやすさ抜群。暗闇でうっかり落とさずに済みそうです。非常時に長時間片手で持つことを想定しても、うってつけの作りと言えるのではないでしょうか。

     

    ただし同商品は非防水仕様。非常時はもちろんアウトドアの際も、水回りで使う時は気をつけてくださいね

     

    実際に購入した人からは、「キャンプ用のランタンとして買ったけど、懐中電灯にもなって優秀」「思っていたより明るくて良かった!」「ランタンと懐中電灯、切り替えが楽で便利」「電池2本で長時間使えて満足です」など好評の声が多数。

     

    用途に合わせて手軽に“ライト”と“ランタン”の使い分けができる「2WAYハンドライト」。2倍便利な同商品を、非常時の備えとして購入してみませんか?

     

    ギャラリー

     

    【関連記事】
    スマホゲーム機に大変身!? ダイソーの「スマートフォンジョイスティック」で快適ゲームライフ

    ランタンが数秒で懐中電灯に早変わり!? 非常時にも役立つ「2WAYハンドライト」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    これは安くて、キャンプにも
    非常用にも使えますね!
    テントも周りに刺しておくのもいいですね!
    あれば役に立ちそうなグッズですね!

    <このニュースへのネットの反応>

    【【キャンプ 道具】ランタンが数秒で懐中電灯に早変わり!? 非常時にも役立つ「2WAYハンドライト」】の続きを読む

    このページのトップヘ