campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > キャンプグッズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    あfろ氏による大人気作品『ゆるキャン△』のグッズキャライフ に登場! どれもキャンプでの使用に耐えうるこだわりのアイテム
    アウトドアだけでなく、お手軽へやキャンや家キャンでも楽しめるラインアップです!
    株式会社ワキプリントピア(所在地:神奈川県藤沢市、代表取締役:瀬戸口 晃)は、キャラクターのいる生活を提案する通販サイトキャライフにて、「ゆるキャン△」の商品を6月12日より販売開始いたしました。

    ●手ぬぐい
    なでしこたちが住む山梨県のお隣、神奈川県横浜市の手ぬぐいブランド「濱文様」とコラボレーションした手ぬぐい。
    ゆるキャン△」のモチーフが連続したデザインで、寄木細工のように可愛くデザインされています。 鮮やかなオレンジと水色のデザインで日常使いにおすすめの手ぬぐいです。
    商品名:ゆるキャン△ てぬぐい
    販売価格:1,300円(税別)
    サイズ:長さ約90×幅約34cm
    素材:綿100%
    製造国:日本製

    ●帆前掛け
    ゆるキャン△のロゴ野外活動サークルデザインした前掛け。八百屋さんや酒屋さんでおなじみの前掛けは、腰の保護や衣服の擦れ破れ防止に役立つ便利アイテム。現代においては、キャンプアウトドアシーンで服を守ったり、 腰を守ったりと活躍するアイテムになっております。
    商品名:ゆるキャン△ 帆前掛け
    販売価格:5,800円(税別)
    サイズ:幅47×長さ67cm
    素材:綿100%
    製造国:日本製

    【販売サイト情報】

    販売サイト:キャライフ (ワキプリントピア運営)
    特集ページURLhttps://chalife.jp/kitte/html/user_data/yurucamp_goods
    手ぬぐい販売ページ:https://chalife.jp/kitte/html/products/detail/316
    帆前掛け販売ページ:https://chalife.jp/kitte/html/products/detail/317

    配信元企業:株式会社ワキプリントピア

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    ゆるキャン△ オリジナルグッズの販売開始

    前掛けが面白い!!


    <このニュースへのネットの反応>

    【ゆるキャン△ オリジナルグッズの販売開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    『DD Hammocks』についてまとめてみた



    やっぱりハンモックはこれですかね!
    って、ことでまとめてみました笑

    私も含めてみなさん参考にしてくださいね!!



     
    【『DD Frontline Hammock』についてまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    おうちで過ごす時間が長く、なかなか外遊びに行けない今こそやっておきたいウエアやギアのメンテナンス。自宅での適切なケアによって、愛用品を長持ちさせることができれば、もっと愛着も湧いてくるはず!

    【併せて読みたい】
    ・いまこそやっておきたい、アウトドアアイテムのセルフメンテ!【穴が空いたウエア編】
    ・いまこそやっておきたい、アウトドアアイテムのセルフメンテ!【ブーツ編】
    ・いまこそやっておきたい、アウトドアアイテムのセルフメンテ!【ガソリンランタン編】

    電池&充電式ギアのメンテナンス。

    LEDランタンやヘッドライトBluetoothスピーカーなど、キャンプでも電気を使うギアが非常に多くなってきた。ただ電池式や充電式のギアは使い方次第で、寿命が変わってくることも。

    そこで、今回は電池式のアウトドアギアのメンテナンス方法と、充電式ギアの知っておきたい豆知識を紹介!

    ガソリンランタンのメンテナンスに引き続き、今回も教わるのはアウトドアの名物コーディネーター牛田浩一さん。

    牛田浩一

    アウトドア用品の輸入卸会社のマーケティングを経て、アウトドア専門のアタッシュドプレスをメインに行うB.O.Wを創立。著書『キャンプ雑学大全 2020 実用版』も話題に。

    電池式のギアのメンテナンス。

    電池式のランタンやヘッドライトがしばらく使わないまま倉庫に眠っている人も多いのでは?  充電式が主流となった今でもしっかりメンテナンスしていれば、まだまだ現役で活躍できる電池式のギア。

    電池さえあれば使えるので、いざというときにも頼もしい存在だ。そんな電池式のギアでよくあるトラブルが電池の“液漏れ”だ。

    見事に液漏れした乾電池式ランタン。初めて使用する際に付属の電池を入れ、そのまま放置してしまった結果、半年後にはもうこの状態になっていた。グロテスクな見た目から想像できる通り、こうなってしまっては光は灯らず、2回目の使用機会はまだ訪れていない……。

    「久しぶりに電池式ランタンを出してみたら、乾電池に白い結晶がついていることがありますよね。これが液漏れです。液漏れを放っておくと、電池接点が青くサビてきます。さらにマグライトのような全体が金属で出来ている懐中電灯の場合、ねじ込み部分が固着して開けられなくなってしまうこともあります」

    そう話す牛田さんに、液漏れの防止法と、液漏れしてしまった時のメンテナンス方法を教えてもらった。

     

    液漏れを防ぐ2つのポイント。

    長期間、電池を入れっぱなしにしていることで起こる“液漏れ”は、放っておくとサビなどでギア自体も使えなくなってしまうという。そんな液漏れを防ぐポイントは2つ。

    ・湿気のこもる場所に長期間置かない

    ・長期間使用しない際は電池を抜いておく

    また、牛田さんが特に注意が必要というのは、“海外製の乾電池”。海外製の製品などによく付属している海外製の乾電池は、日本の多湿な気候に合っていないため、長期間入れっぱなしにしておくと液漏れを起こしやすいんだとか。使うときには日本製の電池に入れ替えるのがおすすめだ。

     

    液漏れしたギアの復活術。

    電池が液漏れを起こすと、電池と接触する接点が青くサビてしまうことがよくある。ただ、これはメンテナンスで直せる可能性があるという。

    「液漏れで電池接点に結晶が固着したり、サビしてしまったりしても、まだあきらめる必要はありません。きちんとメンテナンスをしてサビを落とせば、再び使用できる可能性があります」。

    液漏れでサビてしまったギアのメンテナンス方法はとても簡単だ。

    メンテナンスに必要なアイテムたったの3つ。

    準備するのは、接点復活材(クレの“コンタクトスプレー”など)と紙やすり、ゴム手袋。

    「接点復活材はホームセンター1000円以内で買うことができます。通電のサポートをしてくれるだけじゃなく、腐食防止や防錆効果もあるスグレモノ。USBイヤホンジャックの接触不良のメンテナンスにも使えるので1つ持っておくと便利ですよ。わざわざ買うのは…というなら、紙やすりで磨くだけでも十分です」。

     

    手順1:液漏れでサビたパーツを取り出す。

    まず、液漏れしている電池を取り外すわけだが、液漏れは人体に有毒な成分が含まれているため、素手では触らずにゴム手袋やビニール手袋などで手を覆って作業しよう。

     

    手順2:接点復活剤を吹きかける。

    続いて、接点復活材を電池接点に吹きかけて、布で拭く。軽いサビであればこれだけで復活する場合も多い。

    しかし今回は、なかなかのサビ具合。サビ周辺にまんべんなく吹きかけ、布で擦り落とすように拭く。

     

    手順3:紙やすりでサビを落とす。

    接点復活剤を吹きかけただけでは通電しなければ、次は紙やすりで磨いてサビを落としていく。なかなか根気のいる作業だが、特段力はいらないので気長に磨けば確実にキレイにできるはず。

    ヤスリで磨いた後はサビのカスが周囲のパーツに付着するため、使い古した歯ブラシなどで払ってやるとよりキレイになる。

     

    手順4:仕上げのスプレー。

    サビをある程度落とせたら、仕上げにもう一度接点復活材を軽く塗っておけば、さらに通電する可能性がアップする。

     

    見事にランタン復活!

    電池の接地面をはじめ、その周辺複数箇所にサビが付いていたが、接点復活剤を吹きかけ紙やすりで磨いていくと久しぶりに光が灯った。よってリペアは大成功!

    あくまでこれは最低限のメンテナンスのため、ここで紹介したやり方では直らない場合も多々あるが、それほど手間がかからないため、試してみる価値は大きいといえる。

    ※このメンテナンスは、液漏れした部分が取り出せる場合に限ったもので、しかも液漏れしたギアを確実に復活させることができるという訳ではないので要注意!

    ※サビが発生した状態で放置しておくと、液漏れした部分だけでなく、他のパーツがダメになってしまう場合も少なくない。サビを落としても復活しない場合は、メーカーに問い合わせてみてほしい。

     

    充電式アイテムの知っておきたい豆知識。

    電池式に代わってアウトドアの照明器具として最近人気を集めているのが、バッテリー内蔵の充電式ランタンやヘッドライト。実はこの充電式機器にも知っておかないとすぐにギアがダメになってしまう落とし穴があるという。

    そんな充電式機器のメンテナンスのコツについても牛田さんに聞いてみた。

    覚えておきたい充電池事情。

    「充電式のギアの多くは、バッテリー残量0%のままにしておくと寿命を縮めてしまいます。バッテリーの容量にもよりますが3ヶ月からせめて半年に1回は、充電するようにしてください」

    ・最近の充電式ギアは、リチウムイオン電池が主流

    リチウムイオン電池はバッテリー残量0%のままにしておくと寿命が縮む

    ・3ヶ月からせめて半年に1回は、充電が必要

    いま充電式アイテムに多く使われているのはリチウムイオン電池だ。このリチウムイオン電池の場合、バッテリー残量0%のまま放置しておくと寿命を縮めることになってしまう。そのため、残量が無くなる前に継ぎ足し充電をする必要がある。

    バッテリーを使い切ってから充電するべき」と言われていたのはひと昔のはなし。これは一世代前に多く出回っていたニッケルカドミウムニッカド)やニッケル水素電池を使用したもののことだ。

    内蔵のバッテリーは交換できない場合も多く、バッテリーの寿命=ギアの寿命になってしまうため、シーズンオフなど、しばらく使わないときにも定期的に充電しておくのが長持ちさせるコツ! しっかり充電しておけば、いざというときにも役立つ。

     

    メンテナンス次第で寿命も変わる。

    使い方やメンテナンス次第で寿命が変わる電子機器。シーズンオフなどしばらくギアを使わないときにも正しく保管して、しっかりメンテナンスすれば、長く使うことができるのはもちろん、どんどん愛着のわくギアへと変わっていく。次のキャンプまでにメンテナンスをしてみてはいかがだろうか。

     

    GO OUT WEB


    (出典 news.nicovideo.jp)

    いまこそやっておきたい、アウトドアアイテムのセルフメンテ!【電池式・充電式ギア編】

    これやっておきたいですよね!!
    特に液漏れとかしたら最悪ですもんね!!
    案外電池入れっぱなしで置いている事多いですもんね!






    <このニュースへのネットの反応>

    【いまこそやっておきたい、アウトドアアイテムのセルフメンテ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    フタ付きバーベキューグリルトップブランドWeber(ウェーバー)」の小型チャコールグリルリニューアル。フタに組み込み式の温度計が付いたことで、誰でも簡単に本格的なアメリカバーベキューが楽しめるグリルに進化した。

    Weber「スモーキージョープレミアム チャコールグリル 温度計付き」¥13990

    ウェーバーの「スモーキージョーシリーズは、ベランダや庭先でのバーベキューに最適なコンパクトサイズチャコールグリルコンパクトサイズとはいっても、ボウルとフタはウェーバーらしいツヤのあるホーローコーティングで、サビに強く耐久性抜群だ。

    このシリーズに新たに仲間入りした「スモーキージョープレミアム チャコールグリル 温度計付き」は、新たにフタに温度計がついたことで、庫内の温度が正確に分かるので、温度管理が簡単になっているのが特徴。

    フタ付きグリルゆっくりと火を通すことで、外側カリっと中がジューシーに仕上げるアメリカバーベキューの醍醐味を初心者でも失敗なく楽しめる。厚切り肉や野菜の丸焼きなどを豪快に美味しく焼けるのはもちろん、フタがあるので薫製も楽しめる。

    直径37センチで2~4人用。コンパクトサイズなので、ベランダや庭先でのバーベキューはもちろん、クルマに載せてキャンプに持っていくこともできる。


    (問)ウェーバーカスタマーサポート tel:03-4588-9530 https://www.weber.com/

     

    GO OUT WEB


    (出典 news.nicovideo.jp)

    小型だけど本格仕様! ウェーバーのBBQグリルが、温度計を備えもっと機能的に。

    これでおうちキャンプしたら最高ですね!
    皆さんもいかがですか?笑






    <このニュースへのネットの反応>

    【【ウェーバーBBQグリル】小型だけど本格仕様!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    キャンプシーズンが本番到来だというのに、まだまだ自粛生活が続きそうな今日この頃。アウトドアに出たくてうずうずしている方も多いのではないでしょうか。でもここは我慢の時。晴れて自粛解禁となった暁に、楽しく快適にキャンプをするための準備期間だと考えてみてはいかがでしょう。

     

    さて、キャンプの最大の楽しみと言えば、何と言っても大自然の中で味わうアウトドア料理でしょう。でも、炭火や焚き火火起こしが面倒……という方も多いのではないでしょうか。そこで、今回おすすめしたいのがカセットコンロです。屋外での利用を想定していないために、これまでは風がカセットコンロを使用する上での弱点でした。しかし最近では、そんな弱みを克服したアウトドア用のカセットコンロが続々と登場しているんです。この機会にぜひチェックしてみて下さい。

     

    【01】

    持ち運びやすいスリムなボディ

    IWATANI(イワタニ)

    カセットフー 達人スリム CB-AS-1

    実売価格5940円

    家庭用卓上カセットコンロのパイオニアとして名を馳せるイワタニ。それだけにアウトドア用のカセットコンロも豊富にラインナップされています。今回ご紹介する商品は、スリムという名前のとおり、スッキリとした薄さが一番の魅力。なんとテーブル面から五徳(ごとく)のトップ位置までの高さ7.4cmと、カセットフーシリーズの中で最も薄いコンロになっているんです。また、火力も2800kcal/hとパワフル。表面にはフッ素加工が施されており、お手入れが簡単なのも嬉しいポイントです。

     

    〈注目ポイント

    ・7.4cmの薄さ

    2800kcal/hの火力

    フッ素加工でお手入れ簡単

     

    【02】

    ダブル風防で安定した火力を発揮

    IWATANI(イワタニ)

    カセットフー マーベラスII CB-MVS-2

    実売価格1万6280円

    同じくイワタニから、これぞアウトドアにもってこいと言えるカセットコンロをチョイス。特筆すべきは、取り外し可能なトップカバーと、バーナーの周りを囲む風防リング。このダブル風防で、風が気になる屋外でも安心して火力を供給することができます。加えて本体に取っ手がついているので屋外への持ち運びが便利。またトップカバーを閉じてそのまま収納ができ、縦置き収納も可能という機能性もお見事です。

     

    〈注目ポイント

    ダブル風防

    ・風の影響を抑える多孔式バーナー

    ・持ち運びやすい取っ手付き

     

    【03】

    2WAYで楽しめる調理スタイル

    NITINEN(ニチネン)

    焼きまへんか KC-102

    実売価格4960円 

    固形燃料で人気を集めるニチネンからもチョイス。このカセットコンロはアウトドアシーンにて、釣ったばかりの魚や、生肉などの食材をそのまま焼くことができるのが特徴。また、本格炉端焼きと、プレート焼き調理を一台で楽しむことができる2WAY仕様も魅力です。調理においてバリエーションが生まれる便利なギアと言えるでしょう。

     

    〈注目ポイント

    ダブル風防

    ・風の影響を抑える多孔式バーナー

    ・持ち運びやすい取っ手

     

    【04】

    業界トップクラスのコンパクトサイズ

    NITINEN(ニチネン)

    マイコンロ・ティノ KC-333

    実売価格3780円

    こちらもニチネンのカセットコンロで、そのサイズ感は業界トップクラスコンパクトサイズテーブルの場所をとらないので使い勝手は抜群。加えて、Lサイズカセットボンベも使えるのも嬉しいポイントソロキャンプにオススメしたいカセットコンロです。ただ、五徳からはみ出るサイズの鉄板や鍋の使用はできないので、その点は注意が必要です。

     

    〈注目ポイント

    コンパクトサイズ

    ・Lサイズボンベまで対応可能

    ・鍋にフィットする五徳

     

    【05】

    積み重ねてすっきり収納できるコンパクトサイズ

    green wood(グリーンウッド)

    クッキングファイヤー カセットコンロ ミニ  GC-MN1

    実売価格4048円 

    最後に石油ストーブなどを展開するグリーンウッドのカセットコンロをご紹介。先ほどのマイコンロ・ティノ KC-333と同じく、W227.5×D200×H114mmと小さなサイズが魅力の1品です。連続燃焼時間はクッキングファイヤーボンベ使用の場合、約95分。積み重ねてスッキリ収納できるほか、大きすぎる鍋使用防止ガード付きのユーティリティーな商品となっています。

     

    〈注目ポイント

    コンパクトなのに1,800kcalの高火力

    コンパクトサイズ

    ・大きすぎる鍋使用防止ガード付き

    風が吹いても無問題な「アウトドア用カセットコンロ」5選


    (出典 news.nicovideo.jp)

    風が吹いても無問題な「アウトドア用カセットコンロ」5選

    まあ、「アウトドア用カセットコンロ」って、名前が笑
    キャンプに持っていっても活用できますんで参考にしてくださいね!
    私もBBQの時に普通のカセットコンロ持っていって全く役に立たなかった事ありますもんね!!
    風対策は絶対必要ですもんね!!

    まあ、バーナーでも一緒ですが笑


    おうちでキャンプでも活用できるので参考にしてくださいね!!






    <このニュースへのネットの反応>

    【風が吹いても問題なし「アウトドア用カセットコンロ」5選】の続きを読む

    このページのトップヘ