campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > キャンプグッズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【必見】このペンドルトンよーく見て!実はスノーピークが隠れてる


    このペンドルトンよーく見て!実はスノーピークのギアが隠れてるんですよよーく見てもわかりません笑

    好相性すぎるコラボレーションが、今年も実現しました。「Snow Peak / PENDLETON(1万2000円/税別)は、2018年より続いているスノーピークとPENDLETONの協業により生まれたコラボアイテム第4弾。

    「早くキャンプ行きたい!」と恋い焦がれるあなたも、この1枚をリビングのソファやチェアにまとわせれば、家に居ながらにして気分は即アウトドア4月10日の発売を前に、スノーピーク直営店およびオンラインストアにて現在先行予約受付中です。

    このペンドルトンよーく見て!実はスノーピークのギアが隠れてるんですよ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【必見】このペンドルトンよーく見て!実はスノーピークが隠れてる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    “常に新天地を求める開拓者であること”を理念とする「LOGOS(ロゴス)」。同社が発売している「土禁スペース砂よけマット」は、創意工夫を凝らしたアイデア商品です。マットの上の荷物を砂や小石から守ってくれる構造が注目を集め、ネット上では「簡単な仕組みだけど効果絶大で感動した」「広さもクッション性も申し分なし!」などの声が。実際にマットの仕組みや広さを確かめてみました。

     

    ●壁つきだから“小石”や“砂”が入らない!「土禁スペース砂よけマット」(LOGOS)

    ピクニックやハイキングなどでは欠かせない“マット”。多くのアウトドアグッズを研究してきましたが、正直マットに関してはあまり関心がありませんでした。しかし、LOGOSが手がける「土禁スペース砂よけマット」(4900円/税別)の存在を知って考えが一変。ただのマットとは思えない画期的な機能をご紹介していきましょう。

     

    同商品のサイズ180×125cmほど。2~3人で使用するにはちょうどいい大きさです。付属のベルトを使って畳むと、カバンのように持ち運ぶことができるので使い勝手は申し分ありません。

     

    基本的な使い方は通常のレジャーシートと同じ。裏面には水や冷気を遮断するアルミ加工が施されていて、多少ぬかるみのある地面でも問題なく使用可能。LOGOS公式サイトによると、クッション素材を貼り合わせて“あたたかでやわらかな座り心地”を実現しているといいます。

     

    砂よけマットが本領を発揮するのはここから。マットの四隅についたボタンを固定して、周囲の“ウォールベルト”で四方を引っ張り上げることで“壁”が完成します。およそ10cmほどの壁が、小石や砂といった異物の侵入をガードお弁当や飲みものに土埃が入りにくくなるため、「お弁当を清潔な状態に保ちたい」という人には特におススメです。

     

     

     

    実際に荷物を置いてサイズ感を確認してみたところ、かなりの余裕があり大満足。壁の高さも予想以上に高く防水性も備えているので、ビーチなどの砂が多い場所でも活躍してくれますよ!

     

    同商品を購入した人からは、「キャンプだけじゃなくて運動会でも活躍してくれるのがありがたいね」「2~3人くらいなら広々と使うことができますよ! 座り心地も良くて大満足です」「冷気を遮断してくれるのでタープの下に設置して活用中。テントの入り口に敷くのもアリだね!」といった反響があがっています。

     

    マットの上を手厚く守ってくれる「土禁スペース砂よけマット」。きれい好きにはもってこいのアイデアグッズをぜひチェックしてみてくださいね

     

    【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)

    もうお弁当に砂埃が入ることはありません! 壁つきだから安心の「土禁スペース砂よけマット」レビュー


    (出典 news.nicovideo.jp)

    もうお弁当に砂埃が入ることはありません! 壁つきだから安心の「土禁スペース砂よけマット」レビュー

    先日コールマンの壁つきも紹介しましたが、
    LOGOSにもあったんですね!!
    これ便利ですよね!!
    子どもさんがいらっしゃるとこは特にいいかもですね!!

    皆さんも参考にしてくださいね!!





    <このニュースへのネットの反応>

    【【キャンプ グッズ】もうお弁当に砂埃が入ることはありません! 壁つきだから安心の「土禁スペース砂よけマット」レビュー【壁付】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【キャンプギア】風からたき火を守る陣幕型ウィンドスクリーン「TAKIBI de JINMAKU」新発売! 【新発売】


    風からたき火を守る陣幕型ウィンドスクリーン「TAKIBI de JINMAKU」新発売!やっぱりLOGOSいいですね!!確かに風が強い時に役立ちますね!!みなさんも参考にしてくださいね!! アウトドア用品とフィッシング用品の専門店【アウトドア&スポーツ ナチュラム 】

    株式会社ロゴスコーポレーションが展開するアウトドアブランドの「LOGOS」は、風からたき火を守る陣幕型ウィンスクリーンTAKIBI de JINMAKU」を2020年より発売いたします。

    TAKIBI de JINMAKU 】 https://www.logos.ne.jp/products/info/4381

    アウトドアブランドLOGOS(本社:大阪市住之江区、代表取締役社長:柴田茂樹)は、風からたき火を守る陣幕型ウィンスクリーンTAKIBI de JINMAKU」を新発売いたしました。

    アイテムは、風からたき火の炎を守り暖かさを確保し、周りを火の粉の被害から守るアイテムです。


    風から守ることはもちろん、たき火の熱を前方に集中させることで、より暖かく過ごすことができます。また、火の粉の飛散によるテントや衣類などの燃焼被害も防ぎます。


    素材には、シリコンコーティングを施した耐熱温度500度のファイバーグラス生地を採用しており、本体に飛び火しても燃えにくいので、安心して使用できます。


    また、使わない時は分解すればコンパクトに収納でき、持ち運びに便利な収納袋付きなので、車載の際も荷物がかさばりません。


    燃え移りの心配がない特殊な素材を使用した、コンパクト収納できるウィンスクリーンTAKIBI de JINMAKU」を、アウトドアライフでぜひともご活用ください。

    [本プレスリリースPDF]
    https://prtimes.jp/a/?f=d32114-20200327-7905.pdf

    ■製品詳細は以下のURLよりご覧ください。
    TAKIBI de JINMAKU 】 https://www.logos.ne.jp/products/info/4381

    ■プレスリリース一覧をご覧いただけます
    http://www.logos.ne.jp/press-release

    ■製品カタログはこちらからご覧ください
    http://www.logos.ne.jp/catalog/

    ■全国ロゴス店舗リスト
    http://www.logos.ne.jp/logos-shop

    アウトドアブランド LOGOS】
    LOGOSは家族が楽しめるキャンプBBQの製品やウエアを展開・発信する総合アウトドアブランドです。「水辺5メートルから標高800メートルまで」をブランドポリシーとして、大人から子供まで家族みんなが気軽に自然と触れ合える大切な時間を演出し、「Enjoy Outing!」を合言葉に屋外と人を繋ぐ第一ブランドを目指します。

    アウトドアブランド LOGOS
    LOGOS公式アプリ ioshttps://goo.gl/qoFSxL
    Androidhttps://goo.gl/qupA9f
    アウトドアLOGOS http://www.logos.ne.jp
    http://www.logos.ne.jp/global/en (グローバルページ
    全国キャンプ場空き情報 http://www.campjo.com
    LOGOS公式チャンネル https://www.youtube.com/user/outdoorlogos

    ■画像データの取扱いに関するお願い
    掲載をご希望される場合は、お手数ですが必ず事前のご連絡をお願いいたします。

    配信元企業:株式会社ロゴスコーポレーション

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【キャンプギア】風からたき火を守る陣幕型ウィンドスクリーン「TAKIBI de JINMAKU」新発売! 【新発売】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    コールマン ジャパン株式会社(以下、コールマン)から、春のお出かけに最適なレジャーシートが仲間に加わりました。カジュアルデザインながら機能性の高さが見逃せません!底面には水を通さない素材を使用し、4辺が立ち上がることで砂や小石が入りにくい構造を採用しました。サイズは大型の「レジャーシート デラックス」(大人4人が座れるサイズ)と小型の「レジャーシート デラックスミニ」(大人2人が座れるサイズ)。いずれも2020年2月より発売しています。


    ■どんなスタイルにも合う絶妙なカラー&タフで便利な機能付き!
    ●選べる4つのカラー

    スタイルに応じて選べる4つのカラーを用意しました。いずれも落ち着きのあるシンプルカラーリングなので、どんなスタイルにも合わせやすい! 近所の公園に出かけた時も、広げるだけでおしゃれなピクニックが始まります。







    ●カユイところに手が届く! キャンプシーンでも活躍する嬉しい機能
    シートの4隅と辺の中央4カ所(※「レジャーシート デラックス ミニ」は長辺の中央2カ所)をスナップボタンで留めると、シートの周囲が立ち上がり小石や砂が入り込むのを防ぎます。 (ボタンを留めず、平らなシートとしての使用も可能)。
    表地は肌触りが良く乾きやすいポリエステル生地、 裏地は軽くて水を通さないPEVA素材を採用。ウレタンフォーム入りでクッション性があり、地面からの冷気や浸水を防ぎ、長時間でも快適に過ごすことができます。
    キャンプシーンなら、スクリーンタープと組み合わせた「グラウンドスタイル」にもオススメです。


    詳細は以下のURLよりリリース本文をご覧ください。
    http://www.coleman.co.jp/company/pressroom/pressrelease/2020/2020-Coleman-Leisuresheet.pdf

    コールマン ジャパン株式会社について】
    総合アウトドアクリエーションのリーディンカンパニーとして、コールマン(R)、セビラー(R)、パドルジャンパー(R)、エアロベッド(R)およびキャンピングガス(R)の各種製品の企画・製造、輸入および国内販売を行っています。設立:1976年5月
    代表取締役社長:中里 豊
    従業員数:220名(2020年2月現在)
    住所:〒108-0023 東京都港区芝浦4-9-25 芝浦スクエアビル

    コールマン ジャパン http://www.coleman.co.jp/
    - YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/user/ColemanJAPANtv
    - ツイッター(@Coleman_Japanhttps://twitter.com/coleman_japan
    - フェイスブック https://www.facebook.com/ColemanJapan/
    - インスタグラム https://instagram.com/coleman_japan/

    配信元企業:Coleman Japan Co., Ltd.

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    ピクニックやスポーツ観戦に最適!コールマン、機能性の高い、画期的なレジャーシートを発売

    これいいですね!!
    四辺が立つと最高ですね!!笑



    <このニュースへのネットの反応>

    【【キャンプ グッズ】ピクニックやスポーツ観戦に最適!コールマン、機能性の高い、画期的なレジャーシートを発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    防災グッズラインLOGOS LIFE LINE」を展開するロゴスコーポレーション大阪市)とJ-CASTトレンドが、防災用に準備しておくと便利なアウトドアグッズを連載形式で紹介する。

    第3回のテーマは「水」。飲用だけでなく、体や服を洗ううえで必須だ。今回は携帯浄水器とシャワー、洗濯袋と活用場面が異なる3アイテムを取り上げる。

    風呂の水までろ過して「安全な飲み水」に

    災害発生後、救助が来るまでの間の水分補給を助けるのが「LLL 携帯浄水器DX」だ。フィルターに接続された容器部分を軽く押し絞るだけで、雨水や河川水、井戸水、さらにプールの水、風呂の水までろ過し「安全な飲み水」や「傷口や目の洗浄に使える清潔用水」に変える。

    抗菌性活性炭で比較的大きな汚れと嫌な臭いを取り除き、医療分野などで使用されている0.1ミクロン「中空糸膜」で大腸菌などの病原菌、雑菌、カビ、濁りを取り除く「ダブルフィルター」を採用している。水がろ過できなくなった場合は、フィルター部を外して空気を入れ、容器を戻してから再度押せばよい。使用回数目安は約650回、ろ過能力は約200リットルだ。価格はオープン価格。

    救助された後、避難所での生活をより快適にするのがシャワーと洗濯袋だ。「2電源・どこでもシャワー(DC・電池)」はDC(車のシガー)と電池に対応しており、水と容器があればどこでも使用可能で、通常はサーフィン海水浴など海辺のアクティビティーやキャンプ場で活躍している。「エマージェンシーテントFR」と組み合わせれば簡易シャワールームができ上がるため、プライバシー空間を確保しながら体を清められる。価格は6900円(税抜き、以下同)。

    洗わなければならないのは体だけでなく衣服も同様だ。避難所生活で満足に洗濯ができないが、下着や肌着くらいはきれいにしたい...そうした時に役立つのが「LOGOS シェイク洗濯袋」。下着と少量の水を入れてシェイクするだけで、電気がなくても水洗いできる。手持ちがあれば、洗剤を入れて洗濯することも可能だ。衣服やタオルを入れて空気を抜くと、圧縮袋としても使える。

    ロゴスコーポレーション担当者によると「厚手の服の洗濯は想定していない」が、「洗い」に2リットル、「すすぎ」に2リットル×2、合計6リットルほどで簡単な水洗いが可能だという。価格は3600円。 <J-CASTトレンド>

    飲む、洗うなど避難生活でもさまざまな役割を果たす「水」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    避難生活で飲用水、生活水を確保する【アウトドアグッズで便利に防災(3)】

    これ参考になりますね!!
    シャワーは購入しようと考えたことあるんですがね!
    夏に海や川で遊んだ後のシャワーに笑








    <このニュースへのネットの反応>

    【【キャンプ グッズ】避難生活で飲用水、生活水を確保する【便利】】の続きを読む

    このページのトップヘ