campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > 小物

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    日本で唯一、耐熱ガラス工場を保有しているメーカー「HARIO」から、アウトドア仕様のコーヒー器具シリーズ「HARIO outdoor」が登場!

    発売を記念してアウトドア関連グッズをお得に購入できるキャンペーンを実施中です。

    また、2022年8月中旬からは、オリジナルコーヒー豆プレゼント企画もスタートします☆

     

    HARIO「HARIO outdoor」

     

    HARIO outdoor

    販売店舗:公式通販サイトHARIO Official Shop

     

    「家でも外でも美味しいコーヒーを淹れたい」

    そんな声から生まれた新シリーズ、HARIO outdoor(ハリオ アウトドア)。

     

    HARIO outdoor2

     

    世界のバリスタに愛用されるV60の各アイテムを揃えており、キャンプなど、アウトドアで使えるだけでなく、家でもマルチに使える万能性が魅力の本格コーヒーアウトドアグッズです。

     

    焚火などの厳しい熱源に耐えられる、ステンレス素材

     

    HARIO outdoor3

     

    キャンプ用途に合わせ、焚火などの厳しい熱源に耐えられる、ステンレス素材を採用。

    色味は自然に溶け込むオリジナルアースグリーンカラーで統一されています。

    フックにかけられる持ち手やスタッキングなどのディティールにもこだわりが。

     

    人気のV60シリーズ

     

    HARIO outdoor5

     

    自由度の高いドリッパーでお好みの味に。

    コーヒー豆の旨味と香りをしっかり抽出しながら、淹れ方の加減で様々な好みに合わせて味を変化させることができます。

     

    コーヒーセットを1つにまとめて持ち運べるオリジナルバッグ

     

    HARIO outdoor4

     

    コーヒードリップに必要な道具を一式収納して持ち運べる便利なバッグ。

    さらに、バッグとコーヒー器具がセットになったベーシックセットとフルセットの2点が用意されています。

    キャンプコーヒーに興味はあるけれど、何から揃えればよいのかわからない…

    という人には、ドリッパーやケトルサーバーセットになったベーシックセットがおすすめです。

     

    「HARIO outdoor」発売記念キャンペーン

     

    「HARIO outdoor」の発売を記念して、2つのキャンペーンが実施されます。

     

    アウトドア関連グッズ1,100円OFFクーポン

     

    期間:2022年8月1日0時~2022年8月31日23時59分まで

    販売店舗:公式通販サイトHARIO Official Shop

    夏休みアウトドアで、家族と仲間と楽しいコーヒー時間を過ごせるよう、アウトドア関連の商品を5,500円(税込)以上お買い上げの際適用される1,100円OFFのクーポンをプレゼント中です☆

     

    コーヒー豆プレゼント

     

    HARIO outdoor6

     

    プレゼント内容:ダークブレンド(内容量:豆200g)

    夏休みアウトドアで、すぐにコーヒー器具を試せるように、HARIO CAFEが厳選したオリジナルコーヒー豆を「V60 アウトドアコーヒーフルセット」をご購入の方にもれなくプレゼント

    ダークブレンドのオリジナルコーヒー豆は、ダークチョコレートのような重厚感のあるしっかりとした味わいです。

    HARIOのV60にて世界チャンピオンになった粕谷 哲さんのPhilocoffea Roastery & Laboratoryで焙煎。

    人の目により選別された上質なコーヒーの味と香りを楽しめます。

     

    アウトドア仕様のコーヒー器具シリーズ

    HARIOから登場している「HARIO outdoor」の紹介でした☆

    Copyright © 2022 Dtimes All Rights Reserved.

    HARIO outdoor


    (出典 news.nicovideo.jp)

    アウトドア仕様の本格コーヒー器具!HARIO「HARIO outdoor」

    キャンプで本格的コーヒー最高ですね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【アウトドア仕様の本格コーヒー器具!HARIO「HARIO outdoor」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    米島フエルト産業株式会社(本社:大阪府)は、鉄製品で80年以上の歴史を誇る池永鉄工株式会社とMakuakeコラボ第2段として「キャンプ用軽量囲炉裏鍋」を開発しました。軽量でアウトドアでのハードな使い方が出来る仕様です。
    職人が仕上げたMade in Japanです。
    https://www.makuake.com/project/irorinabe/

    1. キャンプ用に囲炉裏鍋を軽量化しました。(約1.65kg)
    2. 1つの鍋が多彩な料理を可能にします。(燻す・蒸す・煮る・揚げる・炒める・茹でる)
    3. ガンガン!!アウトドアハードに使える仕様です。(一生使える鉄鍋)


    【約直径30cmの大きさなのに約1.65kgと驚くほどに軽いです!!】

    【憧れの囲炉裏鍋 かっこいい!!】

    アウトドアハードに使える仕様】

    鍋は鉄製で塗装をせず、ハードテンパー加工(表面の焼付け加工)を行う事により、キャンプでの強火使用、焚火の熱に耐える仕様にしました。
    特に熱燻製を行う際は、空焚き状態になる為、家庭用として市販されている表面コーティングされたフライパンや鍋は、ほとんどが使用出来ません。(※強火での空焚き時の温度は、400℃近くなる為、コーティングや塗装が剥がれてしまいアルミ鍋の場合は溶ける恐れがある為です)
    この鍋は、空焚き、強火料理OKです!!

    約700℃の炎で焼く事により酸化被膜が形成され青光りしてます。

    【空焚きが可能な為、燻製料理が出来ます!!】

     10分~1時間で簡単に燻製
     燻製は、数時間~1日も掛かり時間と手間が大変ですが、空焚きでの熱燻製は、あっという間に出来上が
     ります。

    【蒸し料理が簡単に出来ます!!】

    唐揚げパーティーでも!!】

    【強火で中華も!!】

    【夜はもちろん鍋料理!!】

     市販の鋳鉄囲炉裏鍋、ダッチオーブン、土鍋は、重たいです。アルミ鍋では雰囲気が出ない。
     そこで何と言ってもカッコいいこの軽量囲炉裏鍋!!

    【鉄を育ててあなた色に】
     
    使用前は青光り、使用後は黒光りしてます。
     鉄は、空焚きして、オイルを馴染ませる事により独自の風合いが出ます。

    【構造・仕様】

    本体材質:鉄
    蓋材質:焼き杉
    底厚:約1.6mm
    重量:約1.65kg
    容量:約4リットル
    生産国:日本
    表面:ハードテンパー加工
    「約700℃で焼き入れて、油に浸した、焦げ付きにくく、錆びにくい加工」
    ※商品到着して直ぐにご使用頂く事が可能です。(油ならしは不要です)

    配信元企業:米島フエルト産業株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    「キャンプ用軽量囲炉裏鍋」驚きの軽さ!素材の風合いも楽しめる、あなただけのキャンプ用囲炉裏鍋【IH対応】Makuakeにて8月5日12:00発売開始!! 

    この囲炉裏鍋最高ですね!
    試したくなるアイテムですね!



    “"


    <このニュースへのネットの反応>

    【「キャンプ用軽量囲炉裏鍋」驚きの軽さ!素材の風合いも楽しめる、あなただけのキャンプ用囲炉裏鍋【IH対応】発売開始!!     】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    岩谷産業株式会社(本社:大阪・東京、社長:間島寬)は、「イワタカセットフー“タフまるJr.”」の新色となるレッドを、当社公式オンラインショップイワタニアイコレクト」と当社コンセプトショップIwatani Outdoor Shop BASE」限定で、8月1日より発売開始いたしました。

    “タフまるJr.”の新色
    従来のオリーブブラックに加えて3色目となる「レッド」は、当社の創業90周年企画として販売したアウトドア向けカセットこんろ「マーベラス」を9色展開した際の人気色をコンセプトに、自然にあうような落ち着いた色味となっております。
    機能面は変わらず、特許取得の「ダブル風防ユニット」を搭載した風に強い屋内外兼用のカセットこんろです。
    キャリングケース付き
    8インチのダッチオーブンも使えるのが特徴で、アウトドアのみならず、防災用としてもお買い求めいただいている当社の人気商品です。

    当社公式オンラインショップイワタニアイコレクト」
    新色「タフまるJr.」レッドのご購入はこちらから▼
    https://www.iwatani-i-collect.com/products/konro/item-22393.html

    ※1 気温20~25℃の時、強火連続燃焼でイワタカセットガスを使い切るまでの実測値
    ※2 気温20~25℃の時、30分のガス消費量を1時間に換算したもの

    配信元企業:岩谷産業株式会社

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    アウトドアやソロキャンプで大活躍のカセットこんろ「タフまるJr.」に新色のレッド登場!

    このカラーかわいいですね!
    揃えたくなりますね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【アウトドアやソロキャンプで大活躍のカセットこんろ「タフまるJr.」に新色のレッド登場!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【アウトドアで使える】「ダイソー」「セリア」「キャンドゥ」は強い味方! プロがオススメする100均グッズとは

    100円ショップに並ぶアイテムも最近では本格的!

     最近の100円ショップには痒いところに手が届く便利なアイテムが続々と登場し、リーズナブルな価格で日常生活を応援してくれています。その商品展開は日用品だけでなくキャンプや趣味の世界へと波及し、アウトドア用のアイテムが驚くほどの充実ぶりを見せているのは周知の事実。

     300円、500円1000円等の商品も増えてはいますが、100円商品が基本となる100円ショップだけに「サイズが小さい」、「耐久性が不安」、「素材がチープ」など、少しばかりネガティブな印象を持つ商品も存在する一方、その多くは「アイデアが優れている」、「本来の目的以外で使える」、「少量だから使いやすい」などの優れた面も多く、アウトドアキャンプに最適な商品が入手困難になることも少なくありません。

     今回のコラムでは“100円ショップ大好きライター”が、アウトドアで便利に使えるアイテムピックアップ。ここでは人気の100均メスティンやスキレットアルミテーブル、コンロ、ハンモックなどのメジャーアイテムはあえて割愛し、日用品として売られている本来の目的以外に活躍してくれる、便利な日用品を紹介しちゃいます!

    防水性能に優れたスタッフバッグ

     アウトドアでのお悩みのひとつが雨の日への対応です。濡らしたくないものはクルマの中に避難させておくのがベストではありますが、手元に置いておきたいカメラスマホ、乾いたタオルなどは防水性に優れたスタッフバッグがおすすめ。もちろん、釣りやマリンスポーツ海水浴などのアウトドアでも活躍してくれ、突然の雨でも安心して荷物を入れておくことができるのです。

     とくにおすすめなのがダイソーで売られている「ドライバッグ」で、驚くことにIPS6の防水性能を持っています。気になる容量は大サイズが約15リッター、小が約3リッターの2サイズ展開となり、価格は大が550円、小が220円とお買い得感も満点。防水性が優れているということは密閉性が高い証ですから、海辺のキャンプ海水浴で中身が砂だらけになってしまう……というお悩みも解消できます。

    100円ショップで購入できるオススメのグッズ

    ペットボトルキャップがローディーを救う

     週末のサイクリングロードは渋滞が起きるほどの大盛況を見せ、巷では自転車ブームが継続中。そんなローディー(ロードバイク乗りの総称)を救ってくれるのがキャンドゥの「ペットボトルキャップ」です。

     通常、ロードバイクに乗るときにはスクイズボトルと呼ばれる専用の容器に飲み物を入れ、ダウンチューブに装備したドリンクホルダーへと差し込んでおくのが常識ですが、飲み終えてしまった場合には自動販売機コンビニドリンクを買って中身を移し替えなければいけません。

     しかし、このキャップペットボトルに装着すれば、ペットボトルが一瞬でスクイズボトルに大変身。ボトルを握るだけで簡単に飲み物を摂取できるようになるのです。水分を補給する度にボトルキャップクルクルと回す手間もなく、ペダルを漕ぎながらでも簡単に水分補給ができるのは嬉しい限り。

     キャップの先端を押し込んでおけば中身が漏れることもありません。自販機コンビニで買ったボトルにキャップ付け変えるだけなので、中身を入れ替える手間もなし。驚くことに2個入りで110円なのでサブボトルにも装着でき、サイクリング仲間とシェアすることもできます。

    100円ショップで購入できるオススメのグッズ

    The post 【アウトドアで使える】「ダイソー」「セリア」「キャンドゥ」は強い味方! プロがオススメする100均グッズとは first appeared on AUTO MESSE WEB.

    100円ショップで購入できるオススメのグッズ

    100円ショップで購入できるオススメのグッズ

    100円ショップで購入できるオススメのグッズ

    ボックス

    各種スパイスたち

    【アウトドアで使える】「ダイソー」「セリア」「キャンドゥ」は強い味方! プロがオススメする100均グッズとは


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【アウトドアで使える】「ダイソー」「セリア」「キャンドゥ」は強い味方! プロがオススメする100均グッズとは

    これ気になりますね!
    私も暇な時に除いてCHECKしてますね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【【アウトドアで使える】「ダイソー」「セリア」「キャンドゥ」は強い味方! プロがオススメする100均グッズとは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    今年も夏休みキャンプに行こうと予定を立てている方も多いのではないでしょうか。テントやタープといった必須アイテムだけでなく、こんなアイテムがあったらさらに楽しくなるかもしれません。

    ただキャンプは年に数回も行かないし……という方には、使う時だけ借りるレンタルサービスを活用してみては?手軽に家電を試せるレンタル家電サービス「レンティオ」に協力してもらい、オススメのキャンプグッズや家電をご紹介します。

    ○「GoPro HERO10 Black

    キャンプに行ったりアウトドアアクティビティをするなら、スマホでの撮影も良いですが、アクションカメラの定番「GoPro」を活用してみても。

    昨年秋に発売された「GoPro HERO10 Black」(メーカー価格68,000円、レンティオレンタル価格 3泊4日8,532円 ※7月28日時点)は、従来のチップから進化したGP2プロセッサーを搭載しており、これまでの2倍のフレームレートである5.3Kのビデオ撮影や23MP写真の撮影可能な高性能のアクションカメラ。また強力なビデオの手ブレ補正「HyperSmooth 4.0」も嬉しいポイントです。

    撮影したデータは、チャージしながらクラウドに自動でアップデートスマホアプリへワイレスに転送するほか、USBケーブルを経由した有線接続にも対応と、スムーズスマホパソコンへ送ることができます。

    防水性能やタフな設計はもちろん健在。海や川で遊ぶアクティビティでもガンガン使って、動画や写真で思い出をしっかり残しましょう。
    ○「SOTO ステンレスダッチオーブン

    キャンプ飯といえば、煮る・炒める。蒸す・焼くといった様々な調理方法が楽しめる万能鍋「ダッチオーブン」を使った料理もお楽しみ。

    新富士バーナーが手掛ける日本製のアウトドアブランドSOTO(ソト)」の「SOTO ステンレスダッチオーブン」(10インチセット 22,800円、レンティオレンタル価格 3泊4日2,980円)は、ステンレス製なので鉄製ダッチオーブンのように面倒なシーズニング(油慣らし)は不要。サビや衝撃、温度変化にも強いので、安心して使えそう。なおレンティオでは、熱い蓋を持ち上げるリッドリフターと収納ケースセットで貸し出しているので、キャンプ場への持ち運びにも便利です。
    ○「JVCケンウッド ポータブル電源 BN-RB62-C」

    キャンプ中も、スマホを使ったり写真を撮ったり音楽を流したり、デジタル製品は欠かせません。ここぞという時に充電が切れた! という悲しい事を防ぐため、ポータブル電源をひとつ用意しておきたいものです。

    国内家電メーカーJVCが手掛ける「JVCケンウッド ポータブル電源 BN-RB62-C」(公式オンラインストア価格74,800円、レンティオレンタル7泊8日6,480円)は、174,000mAh/626Whと大容量のポータブル電源。ACポート2つ、USB-Aポートを3つ、シガーソケットポートを搭載しており、スマホなら約35回、LEDライト(12W)なら約44時間、他にも様々な家電製品やデジタルガジェットの充電が可能です。

    またJVCケンウッドのポータブルソーラーパネルと接続すれば、電気がない屋外でも充電できるところもエコなポイントハンドルを折りたためば車に載せる際も持ち運びやすいので、キャンプに一台持って行きたいアイテムです。

    キャンプに便利な家電やグッズプラスすることで、さらに楽しみ方が広がりそうです。「年に数回しか行かないし……」という方は、レンタルという手を使ってみても良いかもしれません。

    遊ぶ様子を映像に残したり、おいしい料理を作ったり、充電切れを気にせず屋外で映画や音楽を楽しんだりと、今年の夏は楽しいキャンプ思い出を作ってみてはいかがでしょうか。
    (MN ワーク&ライフ編集部)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    楽しい思い出を作ろう! キャンプに持って行きたい便利アイテム3選

    これ気になりますね!
    欲しいアイテムいっぱいですね!



    “"



    <このニュースへのネットの反応>

    【楽しい思い出を作ろう! キャンプに持って行きたい便利アイテム3選】の続きを読む

    このページのトップヘ