campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > 小物

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     

    アウトドアブランドFIRE BANKは、約1.5mm厚の「極厚メスティン」を発売しました。Amazon.co.jpでの販売価格は、6499円(税込)です。

     

    極厚メスティンは、自動車関連の金属加工会社が作った、取っ手付きのアルミ製飯ごうです。FIRE BANKによると、自動車業界を支えているこの金属加工会社は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で苦戦を強いられており、最新鋭の設備の使い道を模索するなかで、アウトドア業界に目を付けたとしています。そして、これまでに培ってきた経験や知識を生かし、絞り加工のなかでも特に難しいと言われるアルミ材の深絞りを厚板で実現したため、極厚メスティンができたそうです。

     

    メスティンの厚さは一般的な製品に比べて2倍以上の約1.5mm。直火でも使用可能としています。また、ハンドルに取り付けられているシリコンチューブには、2mmの極厚チューブを採用。チューブの耐熱温度は200度となっています。

     

    このほか、角や内側に成型時の跡が見られることによる手作り感や、しっかりとしたフタのはめ合いなど、細部まで作り込まれているため、無骨なギアの味わいや、一生モノとして使える完成度を感じられそうです。

     

    メスティンは、キャンプでごはんを炊くのはもちろん、お弁当箱やキャンプギア入れとしても使える幅広い用途が魅力。まだ手にしていない人は今後ずっと付き合っていくつもりで、手に入れてみてはいかがでしょうか。

     

    直火でも使えてキャンプで大活躍、日本の金属加工会社が作った「極厚メスティン」発売


    (出典 news.nicovideo.jp)

    直火でも使えてキャンプで大活躍、日本の金属加工会社が作った「極厚メスティン」発売

    極厚メスティン試してみたくなりますね!!

    どんなうまいご飯が食べれるか試してみたいな!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【直火でも使えてキャンプで大活躍、日本の金属加工会社が作った「極厚メスティン」発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    アウトドアBBQの際、肉や野菜などの食材をキッチンバサミでカットするのは今や定番の方法となりました。食材を簡単かつ安全に切れ、また鍋やフライパンに直接切り落として投入できるこのスタイルを、家での調理時に応用している人も多いのではないでしょうか。

    クラウドファンディング・Makuakeに登場したMETAPHYSの「Chef’s」(9405円〜 7月22日現在)は、調理用に特化したデザイン&設計で抜群の使いやすさを実現したキッチンバサミ。一度使ったら手放せなくなる“一生モノの一本”になりそうです!


    肉が切りやすいってことは何でもスパスパいけちゃいそう!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    肉が切りやすいってことは何でもスパスパいけちゃいそう!

    キャンプにハサミって案外使うシーン多いですよね!!

    うちもハサミは常備していますね!!

    焼けた肉切ったり、野菜切ったりザクザクワイルドに行ってしまいますね!




    <このニュースへのネットの反応>

    【肉が切りやすいってことは何でもスパスパいけちゃいそう!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    金子貴俊がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「エバラ Camp Station~おいしいノアソビ~」。この番組では、いま注目のキャンプアウトドアにまつわる旬の情報を紹介します。7月18日(日)の放送は、キャンプに欠かせない「鉄板」について、さらにはノアソビ簡単レシピカレーパエリア」を紹介しました。


    パーソナリティの金子貴俊


    ◆金子直伝! マイ“鉄板”の育て方
    “ノアソビ”に関する、あるテーマを深掘りする「ノアソビの沼」のコーナーでは、キャンプの必需品と言っても過言ではない「鉄板」をピックアップ! “鉄板は育てろ!”をテーマに、トークを展開します。

    金子いわく、「鉄板ひとつで料理の幅が広がり、よりキャンプが楽しめる」と断言。また、先日、本番組で紹介した、兵庫県尼崎市にある鉄工所「ヒロセエンジニアリング」が手がけるキャンプ用品ブランド「HIBANAS(ヒバナス)」の鉄板の試作品「HIBARON」に触れ、「あれも分厚くて、重厚感があって、鉄板を育てるには最高の逸品。いつか自分で育てたい」と夢を語ります。

    また、この日のスタジオには、金子が何年も大切に育ててきたマイ鉄板を持参。現在、愛用しているのは「YOKA GRIDDLE(ヨカグリドル)」という鉄板で、「厚さは3.2mmぐらい。それほど重すぎず、フォルムがものすごくスリムでスタイリッシュ! これを育てると、黒光りしてめちゃくちゃかっこいいんですよ!」と、魅力を力説します。


    金子が愛用している鉄板「YOKA GRIDDLE



    「鉄板は使えば使うほど黒光りして……“いぶし銀”と言いますか、味わいが出てくる」と金子。どんどん使いこんで黒光りさせていくことで「より使いやすくなる。黒くなればなるほど、しっかりと油の膜ができて焦げつかず、サビにくくなって、どんどん扱いやすくなる」と言います。また、さらに使い込むと、「焼き加減が安定してきて、いい感じに香ばしく、いつでもおいしく調理できる」と言い、鉄板を使った後のシーズニング(空焼き&油ならし)の重要性についても説明します。

    金子流の鉄板の選び方のポイントは、まず何と言っても“厚さ”。ある程度厚さがある鉄板を選んだほうが、「熱伝導率が高くて、お肉がよりおいしく焼ける」とメリットを挙げます。

    またここで、「すごくコアな人は、何回も何回もキャンプ場で肉や野菜を焼くことによって、育てて黒光りするようにするんですけど、そこまで行けない方でも手軽に黒光りさせることができる育て方がある」という金子。その方法は、「ガスコンロでとにかく薄く油をひいて、煙が出るまで熱する。そして、冷ます。冷めたら、また油をひいて煙が出るまで熱する。(使っている)モノにもよるんですけど、これを10回ぐらい繰り返す。そうしたら、黒光りするいい鉄板が育つんですよ!」とアドバイス。最後に「ぜひ、みなさんにもお気に入りの鉄板を育ててほしい」と呼びかけていました。

    <今週のノアソビレシピ
    アウトドアフリーマガジンフィールドライフ」でおなじみ、アウトドアコーディネーターの小雀陣二(こすずめじゅんじ)さんが、キャンプで使える簡単でおいしいレシピを紹介してくれる「ノアソビレシピ~おススメキャンプステーション」のコーナー

    今回取り上げたのは、「カレーパエリア」。スキレットスペイン料理の定番のパエリアが作れるお手軽レシピを紹介してくれました。


    カレーパエリア


    【使用アイテム
    スキレット

    【材料】4人分
    ・エバラ「横濱舶来亭 カレーフレーク 芳醇な甘口」……大さじ4
    ソーセージ……大3本
    たまねぎ……1/2個
    ピーマン……1個
    トマト……1個
    ・米……2合
    ・白ごま油(またはサラダ油)……大さじ2
    ブラックペッパー……適量

    【作り方】調理時間およそ20分
    1.スキレットを中火で熱し、白ごま油を回し入れ、斜めに3等分に切ったソーセージとスライスしたたまねぎを炒めます。

    2.生米 を加えて全体をなじませ、お米の色が半透明になるまで、焦げないように注意しながら炒めます。

    3.そこに水540ml、エバラ「横濱舶来亭 カレーフレーク 芳醇な甘口」を加え、強火で熱しながらよく混ぜます。沸騰したらフタをして、弱火で7分ほど加熱します。

    4.火を止めフタを開け、輪っかにスライスしたピーマン、くし形切りしたトマトを並べ、再びフタをして3分ほど蒸らします。仕上げにブラックペッパーを振れば完成です!

    最後に、小雀さんからは「パラパラとした軽い仕上がりにするために、お米を炊く前に、お米を炒めて表面を油でコーティングし、お米のでんぷん質の粘りを抑えること」とワンポイントアドバイスも。ちなみに、もちもちとしたパエリアがお好みであれば「お米は炒めなくてもオーケー」とのことでした。

    完成したメニューの写真を見て、金子は「これはおいしそう! キャンプ場にカレーの香りが漂ってきてたまらないでしょうね~! スキレットで作ると、おこげがパリッとして、そこもおいしそう!」と声を弾ませていました。

    次回7月25日(日)の放送も、どうぞお楽しみに!

    <番組概要>
    番組名:エバラ Camp Station~おいしいノアソビ~
    放送日時:毎週日曜 8:00~8:30
    パーソナリティ:金子貴俊
    番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/camp/
    “キャンプ好き”金子貴俊が指南! 「マイ鉄板選び」と「鉄板の育て方」のポイントは?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    “キャンプ好き”金子貴俊が指南! 「マイ鉄板選び」と「鉄板の育て方」のポイントは?


    鉄板って重要ですね!

    鉄板で味が変わりますよね!!



    “"


    <このニュースへのネットの反応>

    【“キャンプ好き”金子貴俊が指南! 「マイ鉄板選び」と「鉄板の育て方」のポイントは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    遠足は前日の準備が楽しいもの。同様にキャンプは、荷物のパッキングすら楽しいですよね。さらにこんな頑丈なコンテナがあれば、もっと荷物の準備が楽しくなります。

    アウトドアブランド・ロゴスから、頑丈な蓋付きコンテナ「たためるストロングコンテナ」が発売されました。Mサイズ(5940円)とLサイズ(8690円)の2サイズ展開で、使わない時はコンパクトにたためます。さらに蓋付きなので、キャンプでは簡易テーブルとしても使えて便利です。


    たためるのに頑丈!キャンプでも安心して使えます


    (出典 news.nicovideo.jp)

    たためるのに頑丈!キャンプでも安心して使えます


    たためるコンテナ最高ですね!

    自宅保管時に折りたためると助かりますね!!




    <このニュースへのネットの反応>

    【たためるのに頑丈!キャンプでも安心して使えます】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    関東地方もいよいよ梅雨明けし、当面はカラッと晴れる日が続きそうです。今年はまだまだ密になる場所は避けたいですし、夏のレジャーにキャンプを選ぶ方もきっと多いことでしょう。

    そこでおすすめしたいのが、スポーツアウトドア用品を販売するアルペンと、カレー専門店CoCo壱番屋コラボして開発されたキャンプレトルトカレー「マイキャンプカレーです。

    ココイチとアルペンのコラボ商品「マイキャンプカレー」

    キャンプめしといえば以前はカレーが定番中の定番でしたが、最近はバーベキュー、ホットサンド、ダッチオーブン、メスティンなどと選択肢が増えたこともあり、キャンプカレーを作るという方が減っているのではないでしょうか。

    そこで筆者の家族や親族の3人を対象に独自のアンケートをとってみたところ、キャンプカレーを作りたいと回答したのはわずか33%という結果に。焼くだけのバーベキューなどと比べると作業工程が多く、カレーを作ったらそれで終わってしまうという意見がありました。

    とはいえキャンプ場で食べるカレーがおいしいという事実には疑う余地もありません。そこで誕生したのがこの「マイキャンプカレー」なのですね。

    「マイキャンプカレー」はそのまま食べてもおいしく作られているのはもちろん、焼き野菜や肉などのキャンプめしとの相性が抜群。バーベキューで焼き上げた食材をのせるだけでオリジナルカレーを食べることができるというわけです。

    グリル野菜をのせて「マイキャンプカレー」を食べる

    今回はありがたいことに商品を提供いただきましたので、バーベキューでよく持ち込むような野菜やソーセージグリルし、屋外で「マイキャンプカレー」にのせて食べてみることにしました。

    ちなみにアルペンとココイチコラボ商品は「マイキャンプカレー」のほかにも、オリジナルスプーンオリジナルプレートオリジナルマグなども発売されているそう。

    特にスプーンカレーの食べやすさを追求し、先端にかけて極薄に磨き上げた形状を採用。口の中に運んだカレーがスッと気持ちよく抜ける感覚を追求したのだとか。

    というわけで早速温めた「マイキャンプカレー」とごはんを食器に盛り付けます。もうこの時点でスパイシーな香りがプンプン広がってきて最高の気分。隣のキャンプサイトからこんなニオイがしてきたら、バーベキューをやめてカレーを作りたくなっちゃうぞ!

    そこにグリル野菜とソーセージを盛り付けて……

    オリジナルマイキャンプカレーの完成! めちゃくちゃ映えますね!! ウマそう~!!

    味はたまねぎトマトなどの野菜の旨味がしっかりと溶け込んでいて、スパイス感は強め。ココイチカレーがバッチリと思い浮かぶ味に仕上がっていて、今回添えてみたパプリカにんじんたまねぎトマトといったグリル野菜の素材の味をいい感じに引き立ててくれてます。そういえば好きな具材をトッピングして食べるのは完全にココイチスタイルですもんね。こりゃあうまい!

    今回は肉系の食材はソーセージを添えた程度でしたが、それこそバーベキューで焼き上げた肉をガッツリとのせて食べても抜群にハマること間違いなし。キャンプカレーを食べたいとアピールしたのに却下されてしまったお父さんはぜひ「マイキャンプカレー」を持ち込んでみてはいかがでしょうか。

    「マイキャンプカレー」の定価は324円(税込み)。アルペンアウトドアーズ・アルペンマウンテンズ全国15店舗や公式オンラインストアで販売中です。

    <販売店舗>
    アルペンアウトドアーズフラッグシップストア札幌発寒店、柏店、ららぽーと愛知東郷店、福岡春日店、アルペンアウトドアーズ港北ノースポートモール店、ららぽーと横浜店、ららぽーと沼津店、イオンモール浜松市野店、春日井店、京都宇治店、明石大蔵海岸店、宇多津店、フレスポジャングルパーク店、アルペンマウンテンズ練馬関町店、一社店

    オンラインストア>
    https://store.alpen-group.jp/lp/contents2/1219  [リンク]

    (執筆者: ノジーマ)


    どんな具材にも合う! ココイチとアルペンが共同開発したキャンプ用カレー「マイキャンプカレー」を食べてみた


    (出典 news.nicovideo.jp)

    どんな具材にも合う! ココイチとアルペンが共同開発したキャンプ用カレー「マイキャンプカレー」を食べてみた

    これ食べてみたくなりますね!!

    さすがにソロでカレー作ることもないので笑笑





    <このニュースへのネットの反応>

    【どんな具材にも合う! ココイチとアルペンが共同開発したキャンプ用カレー「マイキャンプカレー」を食べてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ