campですよ!

キャンプ場情報、キャンプ用品、キャンプ雑学、キャンプ楽しみ方 などなどを私的にお伝えします。 キャンプ場なども伝えれると思いますが、キャンプ好きの皆さんからの意見なども教えてくださいね!! 私もキャンプ歴3年とまだまだですので、ご指導お願いします!

    カテゴリ:キャンプ用品 > 小物

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ペットボトル飲料を買うより、環境にもお財布にも優しくなれるマイボトル。使っている方も増えてきましたが、本日はちょっと変わり種の水筒を発見したのでご紹介です。

    姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「UpperCut(アッパーカット)」は、主にはウイスキーなどのハードリカーを持ち運ぶスキットの一種。

    容量は177mlと控えめのミニボトルなのですが、デザインが小洒落ているのでお酒の持ち運び以外にも小さめのマイボトルとして活躍が期待できそうな製品なので筆者も気になっていました。

    今回サンプルをお借りできたので、使ってみた感想をお届けします!

    木材とステンレスの融合が美しい

    Photo: Junya Masuda

    「UpperCut」は、ステンレス基調のボディにブラックオークが映えるデザインが特長

    直径は約6cmで、手が小さめの筆者でもしっかりホールドできるらい。収まりのいいサイズ感で手の馴染みは良かったです。

    Photo: Junya Masuda

    ドリンクカップセットされているため注いで飲むことも可能。

    独自形状でも使いやすさは損なわない

    Photo: Junya Masuda

    本来の用途はウイスキーなどのハードリカー用なので本体の口は小さい形状になっています。アルコールの揮発を防ぐなど理由があるのでしょうか。

    そのため、一般的な水筒に比べて直接注ぐのが難しい点はありますが、それを解消するために専用の漏斗(ろうと・じょうご)が付属します。

    Photo: Junya Masuda

    寒い季節なら暖かいお茶を入れておいて、カップに注いでホッと一息、なんて使い方も素敵かも。

    キャンプや旅のお供に

    Photo: Junya Masuda

    キャンプなどのお供に、ちょっと高めのウイスキーやジンを持っていけばより贅沢な時間が過ごせちゃうかも。

    瓶から直接グラスに注いで飲むのも悪くないですが、「UpperCut」からカップへ注いで飲む一手間があることで、「お気に入りを大事に飲む」感覚になりいつもの晩酌が少し特別なものに感じられましたよ!

    ちょっとした水筒としても便利で、オーク材のオシャレ仕上げなボトル「UpperCut」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーン中です。

    執筆時点では数量限定のコースが35%OFFの9,970円(送料・税込)からオーダー可能でした。

    他とはひと味違うミニボトルをお探しの方や、ハードリカーをキャンプで楽しみたいアウトドア好きの皆様は是非、以下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

    >>上品でエレガントな木製ボトル「UpperCut」

    Photo: Junya Masuda

    Source: machi-ya



    (出典 news.nicovideo.jp)

    飲み物がちょっと贅沢に感じる? お酒も持ち運べるオーク材仕上げのミニボトル


    これ欲しくなりますね!

    お酒の持ち運びにオシャレですね!!


    【WAQアウトドアストア】

    <このニュースへのネットの反応>

    【飲み物がちょっと贅沢に感じる? お酒も持ち運べるオーク材仕上げのミニボトル】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ファミリー向けのグッズを数多く取り揃えるアウトドアブランドLOGOS」。同社の「ヘッドチェンジハンマー」は、テントの設営や撤去をするためのペグ打ちに使えるハンマーです。また金属とラバーの2WAYで使える機能性が話題のようで、SNS上でも「キャンプ初心者のテント設営にも使いやすそう」と注目を集めている様子。アウトドアで大活躍しそうなハンマーの使い心地を徹底的にジャッジしていきましょう!

     

    【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

     

    ●用途に合わせて金属とラバーを切り替えできる「ヘッドチェンジハンマー」(LOGOS)

    テントを設営する時に重要になってくるペグ打ち。ただヘッドが軽すぎるハンマーだと、何十回も打ち込まなければいけないのが困りものですよね。私も週末キャンプに行った時はあまり重量感のないハンマーを使ってしまったため、ペグ打ちが一番苦労しました…。そこでキャンプグッズに詳しい友人に悩みを相談したところ、「ヘッドチェンジハンマー」(3000円/税別)をおススメされたのでさっそく購入。ペグの材質に合わせてヘッドを変えられるハンマーの実力はいかに……?

     

    全長およそ29cmほどの同商品。本体はスチール製ですが、グリップ部分は握りやすいポリ塩化ビニル素材でできています。

     

    ちなみにハンマー後ろ側はペグ抜きに使える形状に。ペグを差し込んでテコのように動かせば、スッと抜くことができます。ペグが深く刺さっていても、力を入れずに軽い力で抜けました。

     

    いっぽう通常の金属ヘッドは釘打ちにもピッタリ。程よい重量感で真っ直ぐ打ちやすく、打っているうちにヘッドが緩んでしまう心配もありません。

     

    ヘッドを交換して使い分けができる同商品は、ネジ式で取り換えが可能。グリップ下にある交換用のヘッドをくるくると捻っていくだけで、簡単に取り外しできますよ。

     

     

    そしてラバータイプのヘッドはテントのペグ打ちにピッタリ。程よい強度のおかげでペグが打ちやすく、ヘッドも潰れにくくなっています。

     

    すでに購入した人からも反響の声が相次ぎ、「強度も重量もあり、ペグ打ちがすごく楽になった」「プラスチックハンマーより断然使いやすい!」といった声が続出中。ペグ打ちするのに使いやすく設計された同商品。テント設営やDIYに使えるハンマーをお探しの方はぜひチェックしてみてくださいね

    ペグ打ちもペグ抜きもおまかせ! 2WAYで切り替えできる「ヘッドチェンジハンマー」レビュー


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ペグ打ちもペグ抜きもおまかせ! 2WAYで切り替えできる「ヘッドチェンジハンマー」レビュー


    これいいアイテムですね!!

    アウトドア用品とフィッシング用品の専門店
    【アウトドア&スポーツ ナチュラム 】


    <このニュースへのネットの反応>

    【ペグ打ちもペグ抜きもおまかせ! 2WAYで切り替えできる「ヘッドチェンジハンマー」レビュー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    キャンプ、焚火で大活躍なアウトドアエプロン。ポケットがたくさんついていて収納力があり、汚れもつきにくいので普段使いにもおすすめアイテムなんです。

    【画像】まるで着るカバン!おすすめの「アウトドアエプロン」

    今回は、話題のワークマンのプチプラ高機能アウトドアエプロンから、amazonで買えるファッショナブルなもの、バッグにしても使える2wayアイテムまで人気のものを一挙紹介!アウトドアエプロンを探している人は参考にしてみてくださいね

    キャンプバーベキューに大活躍!アウトドアエプロンとは

    アウトドアエプロンは普通のエプロンと違って、焚火の火にも強く作られているので、大変耐久性が高いです。化繊の服などは火粉などで穴が開いてしまいますが、アウトドアエプロンをしていれば服を守ってくれます。

    また、裾をくるっと丸めればたくさん薪を運べたり、ポケットがたくさんついているので、「着るカバン」としてスマホ、手帳のほか、小型ナイフ、ペグ、グローブなどなんでも入れることができてかなり便利です。

    アウトドアエプロンは日常使いにも◎

    収納力が高いアウトドアエプロンは日常使いにも使えます。実際筆者はワークマンアウトドアエプロンを愛用しています。

    0歳の子どもがいるのですが、赤ちゃんを抱っこしながらだとカバンをいくつも持つのが大変で、ちょっとした買い物ならポケットの多いアウトドアエプロンに財布やスマホなどをいれて手ぶらで外出しちゃいます。

    人気のアウトドアエプロンを比較!

    おしゃれさ・アウトドアでの使い勝手の良さ・日常使いでの便利さについても記載します!

    コスパ最強!ワークマン アウトドアエプロン 1,900円

    筆者が愛用しているのがこちらのワークマンアウトドアエプロンです。前にも後ろにもポケットがたくさんついているので、利便性抜群です。

    サイズは【S】【M~L】の2種類。カラーブラック、カーキの2種類。身長162cmのサイズの筆者は今回はSサイズを使っています。

    ショルダー部分とサイドの幅も2段階で調節できるので、自分に合ったサイズに合わせて着られます。厚みのある生地なので経年劣化も楽しめます。

    キャンプや登山、釣りなどのアウトドア時に重宝しそうなのはもちろんですが、ちょっとした買い物や家事の際など日常生活でもかなり活躍しています。これを着ていれば少しのお買い物ならマイバッグも必要ありません。

    特に筆者が感動したのが、背中のポケット。

    背中の布が2枚構造になっていて、上のボタンを外すと大きなポケットになります。財布やスマホ、手帳はもちろん、背中のポケットにはペットボトルや大きめのタブレットなども入れられます。

    前にポケットがたくさんあるエプロンはよくありますが、この背中ポケットは初めてだったので衝撃でした。

    カラーが豊富!ヤヌークゴラ ワークエプロン 2,280

    元気になるカラフルエプロンが欲しい人におすすめなのがこちら。今回はオレンジ色を買ってみました。アマゾンの商品画面の色よりはより黄色みがかったオレンジ色でした。

    生地がしっかり厚く、ポケットは前に大きいものが1つ、スマホなどが入りそうな小さなものが2つ付いています。そして胸にはペン差しもついています。

    丈夫な生地なので何度も洗濯してもへたりにくそうです。カラーはこのほかにもグリーンブラックレッド、ベージュ、ネイビー、グレーチャコールグレーと全8色展開なので自分の好みに合わせて選べます。

    買い物に欠かせないアレに大変身!

    バッグがエプロンへ変身!Naturehikeキャンプ多機能エプロン 2,298

    こちらはアイディア商品の「Naturehike」のアウトドアエプロン。今回はイエローを買ってみました。ほかに黒もあります。胸に中くらいのポケットが2つ、腰部分にはペンやスプーンなどを差せるポケットがついているので、工具やお財布、スマホなどを分類して収納できます。

    ショルダーストラップは長さ調節が簡単なので、女性でも男性でも自分のサイズに合わせて着ることができます。

    そしてこちらのアイテムの一番の特徴が収納バッグとしても使えること。チャックを閉じれば、エプロンがバッグへと早替わり!

    エプロンとして持って行って、急に荷物が増えたときにバッグに替えて使ってもいいですし、バッグとして持って行って、到着したらエプロンにして身に着けることもできます。荷物が少なく済み使い勝手抜群です。

    エコバッグを持ち運ぶことが当たり前になった世の中。このアウトドアエプロンがあれば、急な買い物でエコバッグを持ち歩いていない時もバッグに早替えして使うことができます。

    アウトドアエプロンアウトドアから日常使いに便利なママの必需品

    収納力のあるアウトドアエプロンを使えば、手ぶらで外出も可能。日常使いできる便利アイテムです。

    色味や生地に工夫があるもの、機能性があるもの、さまざまなアウトドアエプロンの中から自分に合ったものを探してみてくださいね



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ワークマン他】「アウトドアエプロン」が使えすぎた!キャンプはもちろん日常使いにも◎

    これ欲しくなりますね!!


    業界初!?動画アフィリエイトができるViiBee(ビービー)

    <このニュースへのネットの反応>

    【【ワークマン他】「アウトドアエプロン」が使えすぎた!キャンプはもちろん日常使いにも◎】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    Photo: Junya Masuda

    こちらは、メディアジーンコマースチームからの記事です。

    ライフハッカー[日本版]からの転載

    登山やキャンプ、おうちでも!

    ハンドドリップ派にはおなじみのコーヒードリッパー。陶器製のものが多いですが、アウトドアにも使いやすいポータブル性能を求め、究極の極小サイズを目指して作られた製品があるんですよ。

    THE MICRODRIPPER」がまさにそれ。幅約1cm×長さ約8cmのステンレス板6枚で構成されているので、ポケットや財布でも持ち運べるサイズ感なのです。

    今回サンプルをお借りできたので、小ささや使い勝手などの感想をレポートしたいと思います。

    極小サイズのコーヒードリッパー

    Photo: Junya Masuda

    改めてサイズ感をご覧ください。

    手のひらに余裕で収められる極小サイズで、数値 で聞いた以上に小さく感じましたよ。

    Photo: Junya Masuda

    別途カラビナを用意すれば、バッグに掛けて持ち運んだり、

    Photo: Junya Masuda

    衣服に引っ掛けて持ち運んだりできます。

    油断すると失くしてしまいそうなくらい小さく、ポータブル性は抜群スペースが必要ないので、荷物をできる限り減らしたいソロキャンプや登山にもオススメですね。

    組み立ても慣れればあっという間

    Photo: Junya Masuda

    6枚あるステンレス板は2種類で構成されています。

    Photo: Junya Masuda

    まずはロゴ入りのパーツを使って土台を作ります。

    先端にある下向きのスリットを、別パーツの上向きのスリットに引っ掛けるのがポイント

    Photo: Junya Masuda

    あとは土台の交差部分に残りのパーツを差し込んでいけば完成。

    初見だと少しわかりにくかったですが、慣れてしまえば30秒も掛からず組み立てられます。

    Photo: Junya Masuda

    あとは上部にあるクリップで紙フィルターを挟むだけ。

    Photo: Junya Masuda

    フィルターは1〜2人用で円すい型のものを利用する必要がある点にはご注意ください。

    Photo: Junya Masuda

    コーヒーを実際に抽出して試してみましたが、使用感は市販のドリッパーと特段変わりはありません。

    土台の幅がしっかりワイドなのでマグカップより大きいコーヒーサーバー等への抽出も可能ですよ。

    Photo: Junya Masuda

    参考情報までに、全体が覆われたドリッパーだと抽出時に出るガスが充満してコーヒーに雑味が交じる場合があるそうですが、「THE MICRODRIPPER」はステンレスパーツの間からガスが逃げやすいので、雑味の少ない仕上がりになるとのこと。

    その違いを感じるには繊細な味覚が必要かもしれませんが、意識せずに美味しくなるならウェルカムですね!

    後片付けも簡単!

    Photo: Junya Masuda

    抽出が終われば、ドリッパーからフィルターを外してゴミ処理すればOKなので手間は通常のドリッパーと比べても手間はかかりません。

    Photo: Junya Masuda

    素材は食品グレードのステンレスでサビにも強いので、丸洗いが可能。分解後はフラットパーツで掃除もしやすいので屋外利用時にもありがたいですね!

    極小サイズコーヒードリッパー「THE MICRODRIPPER」は現在クラウドファンディングサイトmachi-yaでキャンペーン中。3,520円(送料・税込)からオーダーいただけます。

    売り切れのリターンも出ていますので、気になる方は早めに以下のリンクからチェックしてみてくださいね

    >>極小極軽のコーヒードリッパー

    Source: machi-ya



    (出典 news.nicovideo.jp)

    ソロキャンにいいかも。ポケットや財布に入るコーヒードリッパーを試してみた

    これ手軽で最高ですね!!


    FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

    <このニュースへのネットの反応>

    【ソロキャンにいいかも。ポケットや財布に入るコーヒードリッパーを試してみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    電気製品を取り扱う「マクロス」は、美容や調理など様々なジャンルで活躍するアイテムを販売中。同社の「電動式コーヒーミル」は、充電しておけばどこにでも持ち運べるコーヒーミルです。現在多くのユーザーから注目を集め、SNS上で「自宅でもオフィスでも挽きたてのコーヒーが飲めるとは…」「手軽に楽しめそうなのでぜひ試してみたい」と話題に。手動の手間を省いたミルで挽く、本格コーヒーの味わいとは……?

     

    【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

     

    ●いつでも手軽に挽きたてコーヒーの味を楽しめる「電動式コーヒーミル」(マクロス)

    日頃からコーヒーを飲む習慣がある私。毎日のルーティーンに欠かせないため、いつしか本格的なコーヒーを求めるようになってきました。ただし家で作るようなクオリティーは、アウトドアシーンではなかなか実現が難しいところ。そこで理想を叶えるグッズを探していたところ、「電動式コーヒーミル」(2740円/税込)を発見。電源スイッチを押すだけで手軽に挽きたてコーヒーを堪能でき、持ち運びにも便利なコーヒーミルです。

     

    大きさは7(直径)×20.5cm(高さ)ほどの同商品。リチウムイオン電池が内蔵されており、スマホなどの電子機器と同じくUSB接続で繰り返し充電ができます。

     

    まずはグラインダーを取り出し、コーヒー豆セット。あとは電源ボタンを押して約3~8分間豆が挽けるのを待つのみなので、朝の忙しい時間帯にはピッタリです。

     

     

     

    同商品は底にあるつまみを回して豆の挽き方をチョイスでき、お好みで風味の調整が可能。時計回りに回すと粒が細かくなり、やや渋めの味になります。また反時計回りに回すと粗めの粒になることから、すっきりとした後味に。私は試しに細挽きをチョイスしましたが、こうばしい香りとやや濃いめのコーヒーを味わえました。

     

    挽いた粉はカップ3杯分までビンに溜めることができ、数人でシェアするのもOK。ピクニックキャンプに持って行けば、友人と一緒においしいコーヒーを満喫できますよ。

     

    既に愛用中の方からも「分解できて洗い物もラクラク!」「気分に合わせて味を変えられるのが魅力的」「キャンプ場でも本格コーヒーを味わえる」など絶賛の声が続出。豆の挽き方を調整できる電動式コーヒーミルを手に取って、あなただけの特別なコーヒーを入れてみてくださいね

     

    ※価格は商品購入時のAmazon実売価格です。

    持ち運びできるミル登場! 自宅やオフィスで大活躍する「電動式コーヒーミル」レビュー


    (出典 news.nicovideo.jp)

    持ち運びできるミル登場! 自宅やオフィスで大活躍する「電動式コーヒーミル」レビュー


    これキャンプでも使いたくなりますね!!



    人気ブランド patagoniaやTHE NORTH FACEの新作アイテムを多数取り扱い中!

    <このニュースへのネットの反応>

    【持ち運びできるミル登場! 自宅やオフィスで大活躍する「電動式コーヒーミル」レビュー】の続きを読む

    このページのトップヘ